男性更年期障害を改善する食べ物!食生活を見直して快適生活

更年期障害は、女性がなる病気という

イメージが強いです。

しかし、最近では男性も更年期障害が

あると言われるようになってきています。



ここでは、男性更年期障害について

原因や食べ物での改善方法

などご説明していきます。

スポンサーリンク
レシポンス

男性も更年期障害になる!

男性が45歳~50歳くらいになると

女性と同じように、

更年期障害の症状があらわれてきます。

なかには、30代で症状が出る人、

60代や70代になってから症状が出る人も

います。

男性更年期障害は、個人差がかなり

あるようです。



主な症状は、抑うつ感や落胆、不安、疲労感、

イライラなどの精神症状と、

発汗、ほてり、睡眠障害、めまいなどの

身体症状があります。

症状的には、女性の更年期障害と

似たような症状があらわれます。

男性にも起こる更年期障害のめまいの原因や治療法について!

原因

男性更年期障害がおこる原因は、

男性ホルモンのひとつである

「テストステロン」の分泌が

減少することで、さまざまな不調を

生じさせます。



「テストステロン」の分泌が減り始めるのは、

30歳を超えたくらいからです。

その結果、45歳から50歳くらいに

男性更年期障害の症状が出てくる人が

多いです。



45歳から50歳までの男性は、

家族を養うために、まだまだ

働かなければならない年齢です。

働き盛りの男性が更年期障害になり

体調不良を抱えるというのは、

苦痛なことですよね。

改善できることはしていきたいものです。

改善方法

「テストステロン」は年齢とともに

減少してしまいます。

なんとかして、食い止めたいと

思ってしまいます。

そこで、おすすめなのは筋トレです。

筋肉量を増やすことは「テストステロン」を

増やすのに有効です。

睡眠を十分にとることも大切なことです。



ただ、症状がつらかったり、長引いたり

気になることがあれば、

早目に医療機関を受診されることを

おすすめします。

最近では、「男性更年期外来」が

ある病院が少しずつではありますが

増えてきています。

とは言ってもまだまだ少ないので、

近くに男性更年期外来がないときは、

症状により受診する科を決めます。

疲労感や倦怠感などの症状の場合は

心療内科か内科が良いと思います。


おすすめしたい食べ物

男性更年期障害は食習慣が

とても大事で、予防や改善にも

効果があると言われています。



男性更年期障害の症状の予防や改善に

効果のある食べ物があるんです。

食べ物なら、薬のように副作用の心配も

ないので安心ですよね。

積極的に摂取してみてください。





男性更年期障害の原因ともなっている

男性ホルモンのひとつ「テストステロン」を

増やすのに効果的な食べ物をご紹介します。



代表的なものは、にんにく、たまねぎ、長ネギ

です。

特にたまねぎは、1日あたり1/2個食べると、

男性更年期障害の予防にもなると

言われています。



ほかには、牡蠣、牛肉、鶏肉、大豆製品、

たまごなど亜鉛やたんぱく質を含んだ

食品が効果があります。

また、ホルモンのバランスを整える

効果があるブロッコリーやキャベツも

テストステロンを増やすのに効果的な

食べ物と言われています。



逆に、テストステロンの分泌を

減らしてしまうのは、

脂肪やアルコールなので

注意が必要です。



特に肥満傾向の方は、脂肪の摂りすぎに

注意が必要です。

もともと肥満の方のテストステロンの分泌は

少ないそうです。

脂肪を摂りすぎてしまうと、ますます

テストステロンの分泌は減ってしまうのです。



食生活を見直して「テストステロン」を

増やす食べ物を積極的に摂取して

男性更年期障害の予防や改善をしたいですね。

まとめ

働き盛りの男性を襲う

男性更年期障害について

ご紹介しました。



快適な毎日をすごせるよう

男性更年期障害の改善方法をチェック

してみて下さい。

特に食事は毎日のことなので

食事には普段から注意していきたいものですね。

スポンサーリンク
レシポンス
レシポンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする