更年期には歯周病にも注意が必要!対処法や予防法で改善したい

更年期障害っていうと、

イライラやほてり、頭痛やめまいなどの

症状があります。

それ以外にも更年期障害で

虫歯や歯周病など歯にも影響がでるって

ご存知でしたか?



ここでは、更年期に注意したい

歯周病についてくわしくご説明して

いきたいと思います。

スポンサーリンク
レシポンス

更年期障害で出る歯への影響

更年期の女性は、閉経が近づくにつれて

女性ホルモンの一つである

エストロゲンの分泌量が減少していきます。

これにより、ホルモンバランスが大きく崩れ

自律神経に乱れが生じ、更年期障害と

呼ばれるさまざまな症状があらわれます。

更年期障害の症状について!女性はいつから始まるのかチェック!

そのなかでも、歯にも影響がでるのは

どうしてなのでしょう。

それは、唾液の分泌量と関係しているんです。

更年期になるとエストロゲンの減少により、

唾液の分泌が減少すると言われています。

唾液が減少すると、虫歯になりやすくなり

歯周病にかかるリスクも高くなります。



さらに、更年期障害のひとつに「骨粗しょう症」が

ありますが、この骨が弱くなる「骨粗しょう症」に

なってしまうと、歯をささえている骨も弱くなり

歯周病が悪化してしまいます。



なので、更年期には特に注意が必要です。

歯周病とは?

歯周病は自覚している人は少ない

ようですが、歯の周りの骨が溶ける

病気で、歯が揺れたり歯茎が腫れたりして

最終的には歯が抜けてしまうのです。



自覚症状がないうちに進行してしまう

ので、注意が必要です。

しかし、歯周病は初期のうちに

適切な治療やメンテナンスを受けることで

進行を抑えることが出来ます。

治療について

歯周病の原因は、プラークという細菌の塊に

よって歯の周りの骨を溶かしてしまいます。



歯周病の最大にの敵はプラークということです。



この歯周病の原因であるプラークを取る治療を

歯科医院では基本として行います。

また、基本の治療で取りきれない歯石や

歯周病で溶けて凸凹になった骨の形を

整えプラークコントロールがしやすい形に

する歯周外科治療もあります。

状態が悪く、他の歯に悪い影響を及ぼすのを

防ぎます。



このほか、歯周病を進行させないように

するために、定期的なメンテナンスを

行います。



とは言っても、毎日食事をするわけですから

食後には、細菌との戦いがあるのです。

歯周病の治療やメンテナンスを受けていても

毎日の歯磨きは重要です。

自分の歯で食事をして行く上では、

必要なことなので、歯間ブラシやデンタルフロス

などを利用してプラークを落とす

歯磨きを心がけましょう。

予防や対処法はある?

歯周病と唾液の分泌の関係でも

わかる通り、更年期には唾液の分泌が減少してしまいます。

なので、唾液を増やすことで、歯周病の予防や

改善に効果があります。


唾液を増やす方法

よく噛むこと

唾液は噛むことで分泌の促進がされます。

食事の際によく噛んで食べる。

ガムを噛むなど、よく噛んで唾液の

分泌を促進しましょう。



マッサージ

耳から顎にかけて唾液腺が存在します。

耳周辺や顎の下を指圧したり、

軽く円を描くようにマッサージすることで

唾液の分泌を促進できます。



下の体操

下を動かすことで唾液腺が刺激されます。

「あー」「いー」「うー」「べー」と

できるだけ大きく口を動かします。

声は出さなくても大丈夫です。

その名も「あいうべ体操」と言いますが、

この体操は、唾液の分泌を促進するだけではなく

アレルギー性疾患やリウマチ、膠原病、

消化器疾患、精神的疾患に効果があると

言われています。



副交感神経の刺激

唾液は副交感神経が優位になり

リラックスしている時に分泌が

多くなります。

ストレスを抱えていると、唾液の分泌が

少なくなりがちなので、

腹式呼吸や入浴など、リラックスする

ことを意識的にしてみましょう。

まとめ

更年期に注意が必要な歯周病について

ご紹介しました。



歯の調子が悪くなると、

気分が滅入ってしまいます。

更年期になり唾液の分泌が減少すると

歯周病になりやすくなるので、

唾液の分泌を促進して、

歯周病の予防をしたいですね。

唾液の分泌は、生活習慣の変化や

自律神経の乱れでも減少してしまうので、

特に更年期の時期は、自律神経の乱れが

生じやすくなるので、軽いジョギングや

ウォーキングなどで自律神経の乱れの改善

も大切です。



更年期による過敏性腸症候群の症状や原因!改善法はあるのか?

更年期のイライラを抑える方法!漢方で効果があるのはこれだ!



また、気になる症状があらわれたら

早目に病院を受診することを

おすすめします。



スポンサーリンク
レシポンス
レシポンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする